ムカデに噛まれてしまったら、猛烈なかゆみや腫れ、痛みに悩まされてしまいます。

自分で出来る対処法をすぐにでも行うことで、症状を出来るだけ早く軽減させることがで切るのをご存知ですか?

ムカデに噛まれた直後からお湯で温める

まず、ムカデに噛まれたら43度以上のお湯で患部を10分程度温めるのがおすすめです。

これによって、患部を温めることで痛みの緩和もできるようになりますし、洗い流すことで毒を流すことができるようになります。

このときに、石鹸やシャンプーを用いることでより効果的に毒を流すことができると言われています。

ただし、屋外でお湯を準備できない時には、お茶を購入してお湯の代用として用いることも出来ます。

このようにして患部を温めることによって、ムカデの毒が変質してかゆみや腫れを引きやすくなります。

 お茶をかける

また、お湯がないときに代用としてお茶をかけるだけではなく昔から民間療法として行われてきたのが、ムカデに噛まれた患部にお茶をかけることです。

なぜ効果的かといえばお茶にはタンニンが含まれているのですが、その成分によってムカデの毒が中和されるからです。

よりタンニンを多く含んでいるお茶といえば、緑茶ウーロン茶がおすすめです。

緑茶であれば気軽にどこの家庭でも準備することができるので知っておくと安心ですね。

 ムカデ かゆみ 腫れ

抗ヒスタミン剤やステロイド剤の軟膏やクリームを塗布する

ムカデに噛まれてから、我慢できないかゆみや腫れに困っている時に、すぐに病院の受診できる環境ではないという方もいらっしゃるでしょう。

そのような場合には応急処置として用いるのが、市販されている抗ヒスタミン剤やステロイド剤の軟膏やクリームを塗布することです。

このような成分が配合されている軟膏やクリームを塗ることで、かゆみや腫れは軽減出来るようになります。

何も塗らずに放置しておけば、さらに広がる可能性もあるので、場合によってはアナフィラキシーショックに陥る可能性もあるので、できるだけ市販のものでも購入して使用するのが賢明です。

スポンサードリンク

まとめ

ムカデに噛まれてからかゆみや腫れは、ひどくなると日常生活にも影響をおよぼしてしまうものですので、家庭でも気軽に行える対処法を知っておくとできるだけ早く改善させることを目指せるようになるのでいざという時には、お湯、お茶、市販の軟膏やクリームを使って正しい対処をしたいものですね。

スポンサードリンク